無駄毛の処理は肌に強い刺激を与えることから痛みや出血などのトラブルに悩まされることがあります。

また、毛穴が拡張されることで却って見栄えが悪くなってしまうこともあるので、脱毛の方法は慎重に選ぶ必要があります。


レーザー脱毛は医療用のレーザーを毛穴に照射することで毛根を焼き潰し、無駄毛が新しく生えるのを防ぐ効果があります。
また、無駄毛を引き抜く一般的な脱毛処理と比べて痛みが少ないことから体に負担をかけない脱毛として注目されています。その一方で、レーザーを同じ部分に何度も照射すると肌がダメージを受けて色素沈着が発生することがある点を注意します。



色素沈着は肌の色素が特定の部分に溜まることで発生し、一度発症すると治療が困難であることが大きな特徴です。



肌が何度も繰り返して刺激を受けることで細胞内の色素が変質するのが原因なので、肌への刺激を避けるのが有効な回避方です。



レーザー脱毛を行う際は同じ場所の処理を続けて行わずに間隔を空けることが色素沈着を防ぐための心得になります。

レーザー脱毛に用いる機器は医師免許の所持者だけが扱うことが出来ますが、肌のトラブルに関する知識が乏しいこともあるので注意が必要です。

また、個人の体質によっては少ない回数の照射でも色素沈着が生じることがあるので事前に検査を行って自分の体質を把握することが大切です。
レーザー脱毛は無駄毛を効率的に除去できる方法ですが、肌への影響も考慮したうえで行うように心がけます。