スプレッドと約定力でFX業者を選ぶ

FXを始めるにはまず業者選びをする必要があります。
様々な業者が口座開設キャンペーンなどを実施していますので、ついついキャンペーンに惹かれて申し込んでしまいそうになります。


しかし口座開設をするには、本来の取引面に着目して業者を選ぶことが大切です。


FXにはスプレッドと約定力というものがあります。



スプレッドとは買値と売値の差額のことで、業者に支払う手数料的な意味合いがあります。



手数料でしたら当然少ない方が良いですし、特に短期売買をする人にとってはスプレッドの幅は大きく影響することになりますので、出来るだけ狭いスプレッド幅の業者を選ぶようにしたいです。

ただし気をつけなければいけないことは、たとえスプレッドの幅が本来は狭く設定されていても指標発表時などには幅が大きくなることがあります。

FX情報が揃っています。

約定力とは指定した値で売買が成立することです。

為替相場は常に動いていますので、自身が注文を出した値で必ずしも約定する訳ではありません。

すべると言う言葉を使うのですが、値動きが激しい時などには指定した値よりも離れた値で売買が成立してしまうことがあります。
それを防ぐ為に注文時に設定することも出来るのですが、あまり幅を狭く設定してしまいますと注文がなかなか成立しないことにもなってしまいます。このようなスプレッドや約定力は、FX業者のWEBサイトには必ず掲載されていますので、業者選びの際には事前に確認することが必要です。